FC2ブログ

おとみさんたより

美しい野菜

美しい野菜をご紹介です。

ロマネスコ

サンゴみたいな見た目と鮮やかなライムグリーンが特徴の
ロマネスコ

名前からして美しいじゃありませんかw
ロマネスコ ⇒ ローマって意味ですが、ブロッコロマネスコと呼ぶそうです。

ローマ原産の西洋野菜なのですが、新潟でも作っている農家さんがいます(^^

このロマネスコは鮮度が命です!
ずっしりと重く、尖った部分(花蕾)が欠けてないのものを選びましょう

新鮮なロマネスコほど甘みとコクがあります。
カリフラワーの仲間ですので、食べ方もカリフラワーと同じ様に食べてください。
たっぷりの塩入のお湯で小さく切ったロマネスコを1~2分くらい茹でます。
冷水にさらさないで、そのままザルなどに上げて冷まします。

後はサラダにしたり、シチューにいれたりと色々使えます
見た目に綺麗にですので、ロマネスコの形を活かして楽しんでくださいねぇ(^^
スポンサーサイト
  1. 2019/03/26(火) 11:31:54|
  2. 今日の野菜
  3. | コメント:0

スナップ?スナック?どっち?

春からが旬といえばこれもですねぇ

スナップエンドウ

ここで疑問なのが「スナップエンドウ」なのか「スナックエンドウ」なのかです(@@

調べてみました!
アメリカから来た品種のスナップエンドウを、種会社が日本人に親しみやすい名前にしようと付けられた商品名でスナックエンドウと名付けられました。
1983年に農林水産省より「スナップエンドウ」と呼ぶことが推奨されましたが、種会社からはスナックエンドウの名前で販売されています。

彩りも綺麗で、甘くてやわらか、野菜が嫌いなお子様でもスナップエンドウなら食べられるという子も多いです。
カロリーや糖質もグリーンピースと比較すると低いです。

通年食べれる野菜ですが、春先の旬のスナップエンドウを是非食べてみてくださいねぇ

  1. 2019/03/22(金) 17:12:58|
  2. 今日の野菜
  3. | コメント:0

あさつき

今日の野菜は「あさつき」です

あさつき

細くて青ネギの様な姿のあさつき
この時期のあさつきの新芽はホント美味しいですよ~

サッと茹でて、酢味噌や甘味噌を和えて「ぬた」で食べるのが一般的ですが
刺激がお好きって方は、よく洗って生のまま味噌を付けてお酒の肴にしてりします。

みじん切りにして、青ネギと同じ様に使ってもGood!

お蕎麦の美味しい新潟県十日町では、このあさつきを干して球根部分をお蕎麦の薬味にしたりします。
十日町のお蕎麦屋さんにいくと各テーブルにこの干したあさつきがありますので、皮を剥いてポリポリしてくださいねぇ~

  1. 2019/03/21(木) 12:13:13|
  2. 今日の野菜
  3. | コメント:0

川流れ?

今日も農家さんへ野菜を取りに行ってきました(^^

その中にこれ!が入ってました。

川流れ菜_1

茎はスラっと伸びていて

川流れ菜_2

葉はギザギザで厚みがある野菜・・・

新潟の方はよく知ってる野菜ですね。

「川流れ菜」です。

凄い名前ですよねw
川から流れてきたからこの名前がついたの??
そんな訳ないです。

新潟の伝統野菜のひとつで冬菜の一種なんですよ。
明治初期頃に入ってきた西洋アブラナ品種を改良したものとされています。

説明はこれくらいでw
この川流れ菜が出てくると春はもうすぐなんだなぁと私は感じます。
一番遅くでる冬菜じゃないかな?
※間違っていたらすみません

寒にもたっぷりと当たり、甘さも十分!その中にほろ苦さもあります。

冬菜と同じようにおひたし、炒め物、お味噌汁になど使い方は色々です。

3月から4月の終わり頃まで楽しめる野菜です。

私のお勧めは川流れ菜の煮浸しです。
油揚げと一緒にたっぷりとだし汁を吸った川流れ菜は美味しいですよ~



  1. 2019/03/13(水) 16:06:46|
  2. 今日の野菜
  3. | コメント:0

プチベール

だんだんと葉物野菜が出てきていますねぇ

お冨さんでも
ほうれん草、小松菜、水菜、冬菜、女池菜、オータムポエム、紅菜苔、アイスプラントなどなど

その中で今日はこれ!

プチベールとベーコン

プチベール!
写真はベーコンとステックセニョールと一緒に炒めてみました(^^

プチベールはキャベツの仲間です。
芽キャベツとケールを掛け合わせて作られた野菜です。
ケールって聞くと青汁!ってなりますよねぇw
栄養価もこのプチベールはケールに負けないくらい良いんです。

ビタミン、ミネラル、βカロテンを豊富にバランスよく含んでいて
ビタミンCはケールの倍以上含まれている野菜なんですよ。

ケールの選びかたは、葉先まで硬いくらいのものが新鮮です。
鮮度が落ちると、黄色っぽくなって萎れてきますので(白っぽいケールもあります)
なるべく葉先までしっかりとしたのを選びましょう。
もう一つは、なるべく小さめなのを選びましょう。
ケールの葉は硬いので小さめのが食べやすいです。

お客様にもよく聞かれますが、プチベールってどうして食べたらいいの?
お料理は生でサラダとかではなく、茹でたものを使いましょう。
沸騰したお湯に塩をお好みで入れて、1分~3分程度(お料理や大きさで違います)茹でてから使います。
写真は1分茹でたのをベーコン、ステックセニョール、にんにく、オリーブオイルでサッと炒めてあります。

生で食べるとモサモサ感がハンパないですw

プチベールはほんのりとした甘さとほろ苦さがクセになる野菜です。
栄養もあるので、是非お試しください。




  1. 2019/03/11(月) 16:48:35|
  2. 今日の野菜
  3. | コメント:0
次のページ